名称:ARDEN MOTOAZABU
場所:東京都港区
用途:シェアハウス(改修)
構造・規模:RC造・地上3F
設計:株式会社AE総合計画
施工:株式会社協立建設
竣工写真:株式会社イメージグラム
竣工:2016.8

歴史ある元麻布三丁目「狸坂」。戦前の洋館建築や大使館、現代建築が軒を連ねる日本国内でも最高級の居住エリアである。古くから大使館が多いため、外国人居住者が多い地域でもある、湧き水の水路や暗渠の路地なども多く残り、懐かしく風情もある地域である。ここに所有する旧厚生省大臣官房の所有していた昭和44年築の麻布寮を現代のシェアハウスとして平面レイアウト、設備インフラ、デザイン等のハード更新を行い、「元麻布」という立地の特性を最大限に活用した、エグゼクティブクラスに対応する各種サービス機能を付加したハイグレードシェアハウスとして蘇らせた。

旧厚生省寮時代の建物
img_3492img_4643img_3498