LEGALAND四谷Ⅰ・Ⅱ

名称

  • LEGALAND四谷Ⅰ・Ⅱ

場所

  • 東京都新宿区

用途

  • 共同住宅(Ⅰ:11戸 Ⅱ:12戸)

構造・規模

  • RC造 地下1階 地上4階

設計監理

  • 株式会社AE総合計画

施工

  • 株式会社高砂建設

竣工写真

  • 株式会社イメージグラム

竣工

  • 2020.11

説明

  • 計画地は、江戸時代は大名屋敷、明治時代は花街でもあった荒木町に近接する歴史ある地区であり、現在は小規模な商店、飲食店や公共施設等が点在する住宅街の一角に位置している。
  • 小規模な建築が連なる街並みに配慮し、「形状の連続性」を廃する為に2棟分棟計画として、分割と統一感をコンセプトに計画を行った。分割により、マッス(塊)である建築物としてのボリュームを抑え、各棟の形体に変化を持たせつつ、外壁の打放しコンクリートやスクエアな開口部の共通性で統一感を持たせている。
  • コンクリートは経年で変化していき、外壁に歴史を刻んでいく。街とともに味わい深く変化していく建物となることを期待している。